モンブランのボールペンで人生を変えたい

私は今年で40歳になりました。この年になると、人生の中間決算が、今のこの現実の状況なのだと思っています。改めて自分の身の回りのモノを見渡せば、落ち込まずにはいられません。衝動買いをして結局は使わないブランドの品が押し入れにぎっしりと詰まっています。よく使うもので目の前にあるものといえば、使い捨てが前提条件の100円前後の安物ばかりです。これからもこんなに中途半端な品物に囲まれて、中途半端な人生を送るのかと思いました。そこで私は、まず、いらないものを徹底的に捨てました。整理整頓ができずに三つも四つもあった爪切り、耳かきなど、自分の至らなさを見せつけるものをどんどん排除していったのです。そして、私は仕事柄よく使用するボールペンを、世界的に信用のあるモンブランで揃えました。高品質のブランドをいつも身のまわりに置くことで、意識改革を狙ったのです。私が80歳になったとき、手元にこのボールペンがそばにいてくれればいいと思っています。

卒業祝いに贈ったモンブランのボールペン

就職祝いや退職祝いに、私はボールペンや万年筆などを贈ることが多いです。インターネットのショップで購入するのですが、最近は名入れのサービスを行ってくれるショップが多いので、その人の名前を入れたオリジナルな贈り物を渡すことができます。喜んでもらえるし、記念にもなるのでよく利用しています。去年、親戚の甥っ子が高校を卒業したときのお祝いにも、名入れのボールペンを贈りました。社会人になっても使えるものは何か考えて、筆記具がいいと思ったからです。さまざまなメーカーの中から私が選んだのは、モンブランのボールペンです。見た目もとてもオシャレでかっこいいのが特徴のモンブランは、やはり高級なものなので、少々お値段は高めだったのですが、一生の記念に残る素敵な贈り物にしたいと思ったので頑張りました。また、こういう贈り物はさまざまなシーンで活用できると思うので、これからもぜひ利用したいと思います。

父の日にモンブランのボールペンを贈りました

毎年、父の日には妹と二人で贈りものをしています。今までさまざまな贈りものをしてきましたが、中でも特に思い出に残っているのが、モンブランのボールペンをプレゼントしたときのことです。父は教師をしていたので、ボールペンを使う機会が多く、少しでも書き心地のよいものを持っていて欲しいという思いから、妹と二人で選んだんです。ショップで店員さんに相談しながら、父にぴったりの商品を選んだ記憶があります。きちんとラッピングをしてもらい、二人からのメッセージを添えて贈りました。父はとても喜んでくれて、その日からいつも持ち歩いてくれていたようです。たくさんの人に愛されているモンブランは、やはり書き心地が良く、見た目も高級感があって、父兄の方の前でも安心して手に取ることができたそうです。とても喜んでくれたので、うれしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*